産毛脱毛

産毛処理とシミの関係

産毛が多いとファンデーションのノリが悪くなります。肌にたくさん産毛が生えている事によってファンデーションがよれてもろもろになり、化粧のりが悪くなります。
だから自己処理で産毛をそる人が多いのですが、産毛を剃り過ぎてシミになってしまう事もあるようです。

 

元々、産毛の処理をする事で化粧のりが良くなったりはしますが、肌にいい事は全くありません。特に顔の皮膚は洗顔やクレンジングでもゴシゴシするだけで摩擦によってシミやしわになりやすいと言われている部分です。

 

カミソリで皮膚を剃っていいわけはありません。
うぶ毛を剃ると言う事はそれ以上に肌に負担をかけているので皮膚の一部を削り取ってしまいますので、その削られた皮膚が炎症を起こして化粧水がしみたり赤くなったり毛穴に細菌が入って膿んでしまったりすることもあります。

 

そして、皮膚はカミソリによって傷が付きますので、傷ついた皮膚が新しい皮膚を作る際に、もっと硬い皮膚を作ろうとします。繰り返すことでゴワゴワした皮膚になってしまいます。

 

皮膚が傷ついて炎症を起こした時に炎症性色素沈着という、シミになってしまう事も多いようです。
傷跡がシミになったしまう事です。
蚊に刺された跡や、ひっかいた跡が残ってシミになったりする事がありますが、顔もカミソリで傷が付いていると後が残ってシミになってしまう可能性がありますのでやはり、産毛の自己処理は辞めた方が賢明です。